レトロ看板ホーロー記7 いのちのたび博物館


(北九州市八幡東区東田)

巨大な恐竜の全身骨格や恐竜が動くエンバイラマ館の展示に目を奪われるいのちのたび博物館

ティラノサウルスにスピノサウルスの全身骨格もお目見えし、ジュラシックパークファン必見。

個人的にはウシマンボウがお気に入りなんですが・・・さらにその先、いのちのたびの果ての現代に続くテーマ館には「昭和30年代の八幡製鉄所社宅」というレトロな時代の展示があります。

ひっそりと展示されるホーロー看板がありました。

みつびしえんぴつとケロちゃんでしょうか。

ゴールデン ホームラン足袋・靴下

あんまり他所では見かけないラインナップの看板ですね。

菊人形展のポスター。菊人形は江戸から明治の人々の娯楽として人気なのでした。

菊人形の情報についてはこちら→life info

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

駄菓子屋ロリポップ駄菓子屋ロリポップ

(福岡県粕屋郡志免町志免東) お墓参りのため、お盆の渋滞の中運転して疲労していたところ、新しい駄菓子屋さんを発見した。 酷暑のなかのドライブで、へとへとだったところまさにオアシスのように見えたという。 一回通過して思わず […]