レトロ看板ホーロー記 


今回はレトロもの。半世紀を超えて現存する、まちで見つけた琺瑯看板。

琺瑯(ホーロー)看板は1889年ごろから作成され、1975年ごろまでに姿を消していった…とウィキにもありますが、現在もたまーに住宅の壁にひっそりと張られているレアな個体が…かすかに生き残っています。

いくら耐久性のあるという琺瑯製の看板でも、日々屋外で日光の紫外線や風雪にさらされ現在も少しずつ劣化は進んでいます。ダメージが蓄積して錆びたり白くなって何が書いてあったかもわからなくなったり、撤去されたり、元々の建物自体が取り壊されたりと、どんどん数は減っています。

なので、見つけた時には

「コレ、今しか見られないんじゃね?」という思わざるを得ません。。

で、今回見つけたホーロー看板はこちら。

道路沿いの個人のお宅の倉庫に貼られていました。

アース製薬の蚊取り線香と殺虫スプレーの看板の他に、消費者金融とクボタコンバインが並んでいます。調べてみると、アース製薬は由美かおるさんと水原弘さんという方らしい。1970年代、昭和40年代というので、50年も前のものなのにくっきりと残っているものなのですね…。

表情までくっきりと判別できるコンディション。

おそらく、立地からして西日が当たらない向きに設置してあるのでこの状態を保ってきたのではないかと思われます。

うーん、レトロ。ガチレトロな昭和の看板ですねぇ。

屋外に設置されていながら、令和になっても見られたことに感激です。。

「レトロ看板ホーロー記 」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

八大龍王(今津)八大龍王(今津)

(福岡市西区今津) 今津橋と並行する岬、洲の﨑にはお堂が鎮座しており、仏法を守護する8柱の龍神を祀ります。こちらは臨済宗の開祖、栄西が渡宋の際に二度の暴風雨に遭いながらも、八大龍王の加護によって宿願を果し、無事にこの地に […]