レトロ看板ホーロー記 3


小さな看板と、もうなくなったものと、よめなくなっているもの。

昔からある駄菓子屋さんとともに、今も健在なものもあったり…

以前訪れた、糸島市浦志の田中商店の店先。昭和バス浦志停留所は少し移動してお隣にあります。

こちらは中央の看板はもう読めないほど老朽化していますが、左右の縦型の看板はまだ健在。

なお、調べてみると寿司九州屋さんは2010年頃までは営業されたようです。ユニード商店街とありまして、今宿駅の近くにありました。今はおしゃれなマンションになっています。

ユニードはスーパーマーケットとして福岡を中心に展開していましたが、ダイエーに吸収され、そのダイエーもイオンに吸収合併され…いや、ユニードとかアピロスとかホント懐かしい。

ユニード-Wikipedia

中央の看板はもうほぼ読めなくなってしまってます。

なお、まえばる1番街のひとみ堂さんは糸島市になっても同じ場所で営業されてます。前原の市内局番(322)を省略して(2)としてあるあたりは時代を感じる表記。近所の人なら市内局番は周知の事実、共通認識だから字数を減らすってことですねぇ。

こちらはもう撤去されていますが、ぎりぎりで発見し撮影できたもの。

このお宅はもう取り壊されて看板もなくなってしまいました。
もう少し明瞭な状態の時に見つけられなかったのが悔やまれる。

昭和なイラストだからこそ、もう少し良い状態の時に見たかった…『食べるだけで美しく 9日で5キロ やせる法』という内容についてもホントにそんなに痩せるの!?と突っ込みたくなってしまいます。いったい何を飲ませるのだろう。が…こちらの薬局さんもなくなったようで情報は見つけられませんでした。

こちらは完全に白化してしまって何が書いてあったかもわからなくなった、看板だったもの。

ここ数年、特にここまで劣化する看板が増えたような。時期的にもう限界なのでしょうか。。

それから…伊都国歴史博物館でみつけた展示。伊都国歴史博物館は写真撮影OKとなっています。国宝があんなにゴロゴロ並んでいる博物館ってなかなかなくないですか?平原王墓から出土した国宝の銅鏡の数々がもう圧巻なんですが、レトロな展示も目が離せません。

伊都国歴史博物館

ホーロー看板の定番、元気ハツラツ!オロナミンC

かとり線香アース渦巻とハイアースは以前屋外で見つけたもののほうが状態がいい…?あれは奇跡的なコンディションなのかも。

!? 看板博物館ッ?

その中に気になるものが。これらの琺瑯看板の寄贈元が…看板博物館とな。

これは気になる。深江駅から歩いて3分という情報しかないけども、見つけたい。。

見つけられたらまたご紹介いたします。

「レトロ看板ホーロー記 3」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Related Post

菊地ガンモ店菊地ガンモ店

(福岡県北九州市若松区宮丸) 北九州にはレトロな味わいが深い駄菓子屋さんが点在している。 お店の外観から店内の雰囲気まで奇跡的なほど、昭和のままに現役な駄菓子屋さん、菊地ガンモ店さん。おばちゃんも現役だー お店につくと、 […]

若松屋若松屋

(福岡市西区上山門) 通りから一本入ったところにある若松屋さん。おばちゃんが店先にいないときは鍵がかかっているので、インターホンを鳴らすか外から声掛けする必要があります。 のんびりした空気感の店内で、駄菓子屋さん的なほっ […]

いなりやいなりや

(福岡県糸島市二丈松末) バイパスではない旧道のほうの国道202号線沿い、赤い鳥居の隣が目印。赤い鳥居は屋号の通り、お店から続く参道を行った先の稲荷神社の鳥居です。唐津方面から東に向かってこの道を通ると、小高い山の中腹に […]